蜜のしたたり
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 年齢認証 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
あなたは18歳以上ですか?


18歳以上/18歳以下
ENTER/EXIT

神待ち掲示板で拾った娘。 



当時の私には同じ趣味を持つ友人がいました。



それは神待ち系 (神待ち検索BBSなど) で援助希望のバカ女を誘い出し、生中出ししまくって金も払わずに捨てると言う極悪な趣味です。







ある夏の夜、いつものように神待ち検索BBSを使いバカ女を誘い出そうとしていました。



夏休みの夜ともなれば入れ食い状態でホイホイ釣れる。



その日もよさそうな女がいたのでポイント全部を使う覚悟でじっくりとメールしました。



今夜の獲物は*6歳、○校生、身長は150センチくらいで小柄、細身、胸はBといった感じです。



早速3で交渉成立。



呼び出すことに成功しました。



そこで先ほどの友人に電話。



「おい、獲物が見つかったぞ。いつもの場所に9時だ」



「分かった、急いでいく」







早速待ち合わせ場所に獲物を迎えに行くと



これが、かわいい。




「これは拾い物だな」と。



ジーンズのミニスカートにタンクトップという露出の多い服装です。



車を少し離れた場所に停め、安全を確認した後、車へと誘導します。



ナンバーを見られないように車の真横からアプローチ。



そして車中で交渉します。



「あのさぁ、俺の友達もやらせてやってくれないかな?勿論2人前の代金を払うからさ」



「ええ~っ・・・」



「いいじゃん、することは一緒で倍のお金がもらえるんだし」



「わかったぁ、じゃぁいいよ」



「それでさ、ホテルに3人で入れないから(適当な嘘です)この車の中でやろうよ」



「・・・・・・・・」



「ホテル代もいったつもりであげるからさ~」



「じゃあいいよ」



「友達はあとから来るから・・・」







バカですね、まったく・・・



友人と待ち合わせした場所は行き止まりの山の中の道。



誰も来るはずはありません。



私は早速車中で始めました。



「経験は?」



「3人くらい」



「そう、じゃフェラできる?フェラでいかせたら1マンアップするよ」



金に目がくらんでズボンのチャックを下げ、トランクスから私のちんぽを取りだしました。



洗ってもいないちんぽを咥えました。



右手で根元をしごきながら亀頭全体に舌で刺激を与えます。



おっ、割と上手いテクを持っています。



こいつは楽しめそうだ。



「おおっ、気持ち良いよ~、そのまま・・・いいぞ、いきそうだ」



「うぐっ・・・うっ・・・じゅぽっ、じゅぽっ」と卑猥な音が響きます。



「いくぞ、全部飲めよ。飲まなかったら金は払わないぞ」



私は絶頂に達し、どくっ、どくっ、と白濁液を彼女の口の深くへ発射しました。







久しぶりのセックスだったし、相手が自分の好みにぴったりだったので私のちんぽは萎える事も無くたったままです。



「おい、このまま上に乗っかれよ」



「あの、ゴムつけて・・・」



「あぁ、俺はゴムは要らないんだ。精子がいない病気なんで絶対妊娠させないんだよ」



嘘に決まってます。



こんな馬鹿げた言葉に騙される女などいるわけがありません。



しかし・・・この子は違いました。



「そうなんですか、じゃあゴム無しで良いです」



「そっか、ありがとう」




彼女はスカートをたくし上げ私の腰に跨ってきました。



「自分で、ちんぽを持って入れてみなよ」



私の言葉通り少し腰を浮かせて、私のちんぽを握り締めて自分のまんこへあてがいます。



彼女は既に濡れていて亀頭がヌルッと入りました。



「そうそう、ゆっくりと腰を落として・・・そう、良い感じだ、締りもいいよ」



根元まで入りました。



*6歳の割にはあまり狭くも無くこれではなかなかいけません。







と、そこへやっと友人が現れました。



「遅かったな~、もう始めてるぜ」



「おっ、もう入れてるのか」



「でもな、こいつちょっとユルいんだ、そこのローションを取ってくれよ」



「ほら、どうするんだ?ローションなんか使ったら余計にユルクなるんじゃ・・・?」



私は彼女を上に乗せたままうつぶせにさせてローションをアナルへ塗りました。



「そうかぁ、そういうことか。俺もたっぷり塗ってやるよ」



友人は私からローションを受け取り、アナルへ塗ると同じに自分のちんぽへも塗りました。



「あの・・・何をするんですか?」



「心配しなくていいよ。友達がアナルへ入れるだけだから」



「私、アナルはやったことないんです」



その瞬間、友人はうつ伏せにした彼女のアナルへちんぽをあてがい、入れはじめました。



「いた~~~ぃっっっっっ・・・いやぁぁ、いたい~~」



「我慢しろよ、お金の為だろ?」



友人がアナルへ入れ始めると、まんこが突然締まってきました。



今までのユルまんが嘘のようです。



私は下からずんずんと突き上げました。



友人はゆっくりとピストンを始めましたが・・・彼女は



「ああっ、変なの、お尻とあそこが変・・・あっ、気持ち良いっっっ・・・」



私はあっと言う間に絶頂を迎え・・・どぴゆっっ、どぴゅっ、どくん・・・どくんと彼女の膣内へ熱い精子を発射しました。



ユルいせいかまんことちんぽの隙間から精子が吹き出しました。



アナルへ入れている友人は信じられないほど高速なピストンをしてあっと言う間に射精しました。







一息つくと友人が彼女を全裸にして車外へ連れ出しました。



「おい、ボンネットの上に手をついて尻をこっちに向けろ」



人気の無い山中での野外セックスです。



精子の溢れ出しているまんこへ友人が挿入しました。



勿論、生です。



ぱん、ぱん、ぱん、と規則正しい音が暗闇の中へ響きます。



その音とシンクロして・・・



「あっ、あっ、あっ」と彼女のいやらしい声が聞こえます。







その後友人と心ゆくまで満足射精して満足した後



私と友人はいつものように最後までお金を払わずそのまま適当な所で



女を車から無理矢理降ろして帰るのでした。