■年 齢 認 証■
当サイトは18歳未満の方は、閲覧できないコンテンツになっております。
あなたは18歳以上ですか?
18歳以上です / 18歳未満です

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  

ツレの家で男女集まって飲んで生中3Pした話 




昔、ツレの家で男女集まって飲んでた。

みんなヘベレケになって、ざこ寝状態。

俺もいつの間にか寝てしまってた。

で、夜中あまり喉が渇いて

目が覚めた。

すると、何やら悩ましげな声が・・・。

ツレが俺

から2mも離れていないところで行為にいたっている!

驚きもあったが、しまった!と思った。

その相手の女の子はH好きで結構有名だったのだ。

ツレの行為を横目に俺の愚息ははちきれんばかりにギンギン。

薄目をあけて見ていたら、なんとツレと目が合った。

ニヤッと笑ったかと思うと、何やら女に耳打ち。

すると女もこっちを見てニヤッとした。

なんと、俺に向かって手をのばしてきた。

誘っている、3Pだ。

3Pだ・・・・。

ツレに目で確認すると、

またニヤッと笑って自分の息子を女から抜いた。

すると女は俺に覆い被さってきて、

激しいディープキス。

と同時にジャージの上から

俺のいきり立った愚息をやさしくなでなで・・・。

ツレはタバコを吸いながらニヤけた顔で見ている。

俺は負けじと女のブラをTシャツを脱がせずに外した。

Tシャツの上からナマ乳をさするようにして感触を楽しんだ。

すると乳首がピンと立ってきた。

しばらくその感触を楽しんでいたら、

我慢できないといった感じで自らTシャツを脱ぎ、

俺のジャージとトランクスを一気に膝まで下げた。

むきだしになった俺の愚息を、

何回かシゴクと、先っぽをペロっと。

そして、ゆっくりと舌を回転させるようにして咥えてきた。

H好きの噂通り、かなりのテクだった。

亀頭にあたる舌の感触は何ともいえず、

やわらかくて温かかった。

思わず、ハア~~って声が出てしまった。

膝まで下ろしたジャージとトランクスを全部脱がすと

俺の股の間に入ってフェラの続き。

タバコを吸い終わったツレが、

フェラしているその子の後ろからイキナリ挿入。

俺のを咥えたまま、んっ!んっ!って感じている。

しかも俺の愚息をなれた手つきでシゴきながら、

口を離そうとはしない。

それどころか、手も口もローリングしながら激しくなってきている。

ヤバイ!イッってしまいそうだ!と思った瞬間、

ツレが女の尻に発射した。

バックで入れてから1分もたってないんじゃないか?

小声で「速くないか?」って言ったら、

女もクスッと笑い、ツレは風呂場へ消えていった。

お尻についたツレの精液を拭き終わって、

いざ再開。俺はついさっきまで本当にイキそうだったので、

しばらく女の体をまさぐっていた。

不完全燃焼だった女が

「はやく入れて」って言ったけど、

今入れてしまったらツレよりも速く終わってしまう!

しかたなく指を入れて刺激していると、

狂ったようにまた俺の愚息を咥えてきた。

「ヤバイって、イキそうなんだって」

って言うと、

チュポンって口を離して俺を押し倒してきた。

で、ヌルヌルのアソコヘ2度3度こすりつけてきた。

ダメだ、これだけでマジでイッしまう・・・。

と、イキナリ、ニュルっと入れられた。

前に後ろにスゲー激しい腰使い!

ホントにやばかったので、

女を抱きしめるようにして動きを止めた。

でも、かなり不満らしく、

今度はそんな状態でも上下に体を揺すってきた。

「ダメだって、ほんとイッちゃう!」

って言うと、

小悪魔のような笑みを浮かべながらさらに激しく動き出した。

俺はたまらず女の体を離そうとしたが、

強く抱きしめられ、

かなりの勢いで女の中で発射した。

「マズイんじゃないの?」

って言っても、

「今日はたぶん大丈夫」

とか言ってるし・・。

出した後も、入れたまま俺の上に覆い被さって、

チュッチュってしてくる。

なんか気にいられたみたい。

その夜その女から、

家においでよって誘われて、

かなり濃いHをしました。

今ではすっかりイイSFです。



  

ド変態の夫とマッサージ師の連携プレイで、チビ貧乳でロリ体型の嫁と3pプレイ 




三十路の仲良し夫婦で、
おいらは嫁さんの事が大好きで愛しまくってるw

嫁は低身長のチビで貧乳の美尻 のロリ体型

それで旅行に夫婦仲良く行ったんだよ

そしたら、部屋にホテル併設のマッサージ
とかあるじゃない?

嫁が呼びたい!とはしゃぐw

おいらの中のど変態はしゃぐw

おいらは性感マッサージを密かに
呼ぶ!と計画立てて携帯でサイト
巡りしまくる

嫁は『疲れた?』などと優しいw

急遽だたが、幸い30分位で到着できる
男性(マッサージ師だったから以下マサ
オ)を呼ぶ!

「男でもいいの?」

っておいらが聞くと
嫁は

「マッサージ?やったーww」

などと可愛いやつだw

嫁に指圧とオイルマッサージだからと
伝え待機

嫁はパン一に浴衣。
おいら全裸に浴衣で待機しながら
わき汗ダラダラ、タバコ吸いまくり
で待つ

おいらは期待でムスコがヨダレを
垂らしていた

マサオロビー到着

おいらスキップでお迎え

マサオと多少雑談しながら
性感をお願い

マサオは外人バリのさわやかなスマイルで
親指を立てる

おいらはもう我慢限界突破

嫁とマサオ対面し、マサオの物腰柔い
風貌にガードゆるみっぱなしな嫁

軽く凝ってる場所とか話してマッサージへ
GO!

嫁はパン一でうつ伏せに背中タオルで
ベッドに横になりマッサージ開始

マサオ!

マッサージが普通にうまい!!!

そこが凝るんですよ~」

などと普通のマッサージ

マサオが嫁の尻を揉み始める!

おいらすでにシゴいてる←

嫁いわく、尻は普通に気持ち良かった
らしい

マサオも嫁の尻を気に入り入念に こねる


太ももに移ると嫁はウットリしながら
普通のマッサージをうけてる

「オイルしますね」

マサオがタオルを剥ぎ取り嫁はパン一で
うつ伏せ状態ww

マサオの手が嫁の体をマッサージしながら
尻に突入!

マサオは遠慮しがちにタオルで微妙に
隠しながら(あくまで普通っぽく)尻を
マッサージし始める

「マサオさん、全裸にしておkです」

嫁は

「へ?」

ってびっくりした顔してるw

「オイルで汚れちゃうから」

嫁「初めから脱げば良かった」

さぁ!
全裸でテカテカな嫁においらとマサオは
喰いつきながら凝視

嫁半分寝る

うつ伏せだからおいらはマサオに
携帯で伝言

おいら携帯「何気なくクリを刺激!」

マサオ「静かに頷く」

嫁はマサオの指がクリに触れる度に
腰をピクピクさせる

もうおいら全裸

おいら携帯「がっつり性感いきましょう」

マサオ「ニヤリと頷く」

マサオ 尻揉みながらマン筋をなぞって
「ここはどうですか?」

「ん…もう少しなぞって」


マサオがクリを刺激して嫁は息遣いが
荒くなり始める

マサオがうつ伏せの嫁の足を開く

マサオ『物凄いいいお尻ですね』

おいら『自慢の尻なんで』

嫁『もっとお尻触ってw』





嫁は観念したのか軽く喘ぎ始めた
マサオはどうして欲しいかとか、
これはどうだ?とか聞く

嫁『もっと奥まで欲しい…』

マサオ『ここですか?』
指を入れ始めたwww

激しくない…それは優しく指で
かき混ぜるwww

嫁『優しくされたら感じちゃうwww』

マサオは尻から手を離さずに指で
ぐちゃぐちゃする

マサオ『じゃ仰向けになりましょう』
マサオ『?????』


マサオ『毛がない…』

嫁『もっとよく見てwww』
股を広げる

マサオ『すごいです』
クリをコネコネ

嫁『ん…はぁ…』

マサオ『胸をマッサージします』

嫁『小さいから恥ずかしい…』

マサオ『とても綺麗ですよ』

嫁『あんっwww』←笑顔

マサオが貧乳を周りから丹念に
マッサージし始める

嫁が声を漏らしながらマッサージ
され、乳首をコリコリし始めたら

嫁『いいぃ~』

おいら←暴走モード突入

おいら『マサオさん!クンニします』
マサオ『はいwww』
嫁『んっ!漏れちゃう!』
嫁『あぁ…ん…』

おいら『マサオのエクスカリバー欲しいか?』
嫁『???いいの?』

マサオ脱ぎ脱ぎwww

マサオ フル勃起
おいら フル勃起
嫁 ニヤニヤ

おいらの中で何かが弾ける!

嫁はダブルテコきwww
マサオ乳首コリコリwww
おいらクンニwww

おいら『マサオのしゃぶりたい?』

嫁『…うん』

マサオ『いいんですか?』

おいら『存分に堪能したまえ!』

嫁『いいの?本当にいいの?』

おいら「嫁が欲しかったらいいよ」

嫁がマサオのエクスカリバーをくわえ
ガチガチになる

嫁『可愛いw」

じゅるじゅぽ

普段からドMなおいらとセクロスして
る嫁は慣れたようにせめる

嫁「マサオさん、乳首舐めたい」

マサオ『あー!すごい!』

嫁『ふふふっw男も気持ちいいでしょう』


嫁はオイルでヌルヌルのエクスカリバーを
しごきながら乳首を甘噛みし始める

マサオ悶絶www

嫁『おいらもして欲しいでしょ?』
おいら『ぜひ』
嫁『おいでwww』

嫁はマサオの乳首を責めながら両手で
二本しごく

オイルでヌルヌルだからそりゃ気持ち
いいんだよ!

それからマサオと2人で片方ずつ
乳首舐めたり
クンニをしたりしながら嫁を責めた

すると嫁は

欲しいww

おいら『入れたいの?』

嫁は『ダメ?マサオさんの欲しい…』

おいら『いいけど』

マサオを横たわらせ嫁が跨がる

ヌルヌルだからすぐに入った

嫁『あ~ちょうどいい』
マサオ『はっ…んっ…やばい…』

おいらは結合部分を凝視

マジでいれてやがる!

マサオは多少Mっぽいから受け身
だったんだが、嫁がSだからよがり
まくりwww

尻の肉をブルンブルンさせながら
責める嫁

おいらシコシコしながら乳を揉む

マサオがバックでやりたいとお願い
したら嫁は自ら尻を突き出しおいらの
しゃぶりながらマサオがイン!

嫁はくわえながら喘いでたwww

嫁がビッチすぎておいらは傷心…

なので2人のプレイを鑑賞した

自分以外の勃起チ◯コと嫁が
犯されてる風景に傷心してたはずの
ムスコがなぜかヤル気だしてきた!

マサオが立ちバックしたいと懇願
したら嫁は自ら立って尻を突き出す

嫁が喘いでるの見ておいらは
発射しちまう

2人はきずかない

とにもかくにも、こんな感じで
プレイしたんだが、マサオは時間
がなくなり中断

シャワー浴びて帰っていった

おいら達は一緒にシャワー浴びて
嫁の感想聞いてまた勃起したから
立ちバックで言葉責めしながら
犯したったww

初3Pはこんな感じでした。



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。