■年 齢 認 証■
当サイトは18歳未満の方は、閲覧できないコンテンツになっております。
あなたは18歳以上ですか?
18歳以上です / 18歳未満です

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  

妻がモデル撮影と騙されナンパはめ撮りをされたてん末 

私達はまだ30前の夫婦です。
子供は無く、先日の休日、久々に妻と電車に2時間弱乗って郊外の我が家からにぎやかな繁華街にデートをしました。

ここの所、初夏を思わせる様な陽気で暑かったので、
『今日は暑くなりそうだね』
と言って、妻には、私の好みで薄手のブラウスとミニのちょっと露出度の高い格好をさせていました。

まだ、20代前半で通じそうな感じで、一緒に歩いていても他の男の視線を妻の胸元に感じ、ちょっと自慢げな気持ちでドキドキしていました。
昼前に着いて、ちょっと早い昼食を摂った後、妻のウィンドーショッピングに付き合っていたんですが、やっぱり、慣れないもので、そのうち自分が飽きてきてしまいました。
デパートの中で、自分に興味の有りそうなコーナーがあったので、後で別の所で落ち合おうと打ち合わせて2~3時間ほど、妻とはそこで別れました。
そして、時間がたち、待ち合わせの場所に行き、待っていると妻が程なくやってきました。
しかし、その妻から驚きの事を聞かされました。

私と別れ、別のデパートに行こうと歩いていると、男の人に声をかけられたというのです。
本人はまんざら悪い気もしなかったとのことですが、
( そういう自分もまだまたいける妻を見て自慢でした。)
いわゆるナンパかなと思っているとカメラマンだというのです。
結構、口がうまく、その男の事が面白かったので、ついつい話しをしてしまったらしく、写真を摂らせてくれと言い、謝礼も出すとか言っていたそうです。
妻は結婚指輪を見せて、人妻と言ったのですが、たじろぐ様子もなく口説き文句を連発していたらしく、そのうち妻はのせられてしまい、小1時間ほど話しを聞いていたのですが、結局、私との待ち合わせがあるので、そいつとは別れたのですが、男から気が変わったら連絡をしてくれと、連絡先の電話番号を教えられたそうです。

私は、妻に内緒でH雑誌を買ったりするのですが、その手の雑誌によく素人をナンパしてハメ撮り写真を摂らせるタイプのものではと思い、しかし妻は、その男の話しを信じているのか、普通の雑誌のモデルと思っていて、
『やってみてもいいかな』
と言う様な事を言います。

ヌードも撮るのかと聞くと、場合によってはあるらしく、最初からそういった事もちゃんと説明をしてあるし、変な物ではなさそうだと言い、
『普通の雑誌の撮影じゃないの』
などと言います。
私はそういうのって、まさか、ナンパハメ撮りで・・・
そして、そのためにSEXもあるかもなんて、H雑誌の事を引き合いに出して言う勇気が無く、妻には、
『大丈夫なのかなぁー、心配なんだよ 』
と妻に言いましたが、妻は、
『若いうちに撮ってもらいたい』
など言い、ついに私も変に断れなくなり、
『ちゃんとしているなといいけど、変なだったらやめてくれよ』
と言い、許可してしまいました。
妻は、判ったといい、後日連絡を取っていました。
それがあの様な事になるとは、、、


その後、スケジュールが決まったらしく
『今日は 、撮影に行ってくるね』
と私に言い出かけていきました。
その日は平日だったので、私も仕事があり、仕事に行くため妻より先に家をでたのですが、それを玄関で送る妻は、心なしかうれしそうな感じがしました。
その日1日仕事が手につかず、かといって妻の携帯に電話するのも、心の狭い男に思われそうで、嫉妬の気持ちを抑えつつやきもきして終業時間になるのを待っていました。
帰宅して、家に入ると妻はまだ帰ってきていませんでした。
しかし、程なく、
『ただいま』
と妻の声が玄関から聞こえ帰ってきました。
私は、はやる気持ちを抑えつつ妻を玄関に迎えにいくと、この間と同じようなミニスカートでいました。

リビングに入り、私が
『どうだったの』
と聞くと、
『うん』
と言葉すくなに答えます。
『撮影はうまくいったの』
と自分自身を落ち着か せる様に質問をすると
『ええ、うまくいったわ』
と言います。
そして、ちょっとシャワーを浴びたいといいシャワーを浴びに行きました。
直感でなにかあったなと思い、シャワーから出てきて、バスタオルの体に巻いたままの妻をつかまえてベットに運びました。

ベットで妻のバスタオルを脱がし、乳房を揉みながら、今日あった事を白状させました。
それによると、そのカメラマンに会い、最初は屋外で撮影を始めたそうです。
その後に屋内撮影に移行したとのことでした。

しかし、その撮影は、スタジオのようなところではなく、普通のラブホテルに案内されたそうです。
妻が、
『ここで撮るんですか 』
と言うと、そいつは
『貧乏カメラマンなので、スタジオを借りれなくてよく利用するんですよ』
と言っていたそうです。
ホテルに入って、最初は着衣で撮影し、そのうちに下着になり、最後にヌードで撮られたんだそうで、そこの所は詳しく話してもらえませんでした。

妻をせめながらもっと聞き出そうとし
『怒らないから何があったの 、話してごらん』
と大きくなった私の物を握らせ ました。
すると
『いつもより凄い・・・ほんと怒らない』
と言います。
『大丈夫だよ、たぶんSEXしたんじゃないかな』
と言うとコクリとうなづきま す。

あぁーやっぱりと思いつつ、妻に
『でどうしたの 』
と聞き、ぽつりぽつりと言う妻の話しを要約すると、ヌードになってから撮影しているその間、妻はカメラマンからのほめ言葉に酔い、ポーズ付けるために足や胸を触られているうちに、変な気持ちになってきたそうです。
カメラマンも暑いと言いながら衣服を脱いできたそうです。
奥さんと同じに僕も裸にならないと不公平だしといい、トランクスまで脱ぐとそこには、勃起したカメラマンの物が目に写ったそうです。
最初はその状態で撮影をしていましたが、カメラマンの勃起した物が気になってしょうがなくなり、妻が
『私のでそんなになるんですか』
と聞くと
『男として奥さんみたいな綺麗を人の裸を見てこうならないのは変ですよ』
と言いつつぐっと差し出してきたそうです。

妻はあっと思いつつ思わず差し出された物を握ってしまい、そうなるともう後はカメラマンのペースにはまり、SEXしてしまったそうです。
カメラマンの物をフェラしながら感じ、更にそれを挿入されつつ、カメラのフラッシュを浴びていると逝ってしまったそうです。
そんな妻の話しを聞き自分も一段と勃起し、妻に挿入しつつ腰を激しく振りました。
心配だった、中に出されたのかと聞きましたが、バックでやられた後、体位を変える時にゴムを付けてもらい、正常位になり、そこでつけさせてゴムに出させたと言い、出たあとのゴムを妻に持たせて撮影していたそうです。

えっなんだ、最初は、ナマでやられていたんじゃないかと思いつつ、いま入れている妻のあそこには、数時間前には、他人のちんぽが入っていて、同じように妻のラブジュースでテラテラしている私の物をカメラマンの物に見立てているとたまらなくなって、妻の膣の奥深く射精してしまいました。
妻も、同じく逝ってしまったようで口からよだれが出ています。
そのあと、2回してしまいました。
妻は、私に申し訳ないと泣いていましたが、許してやりました。
だって、こんなに感じる事があったなんて、

妻は、もうしませんと言い、私も
『そうしてくれよ』
と答えましたが、自分としては、またやらされてもいいかなと思っています。
そしてその時に撮影した写真を見たいのですが。




  

神待ち掲示板で拾った娘。 



当時の私には同じ趣味を持つ友人がいました。



それは神待ち系 (神待ち検索BBSなど) で援助希望のバカ女を誘い出し、生中出ししまくって金も払わずに捨てると言う極悪な趣味です。







ある夏の夜、いつものように神待ち検索BBSを使いバカ女を誘い出そうとしていました。



夏休みの夜ともなれば入れ食い状態でホイホイ釣れる。



その日もよさそうな女がいたのでポイント全部を使う覚悟でじっくりとメールしました。



今夜の獲物は*6歳、○校生、身長は150センチくらいで小柄、細身、胸はBといった感じです。



早速3で交渉成立。



呼び出すことに成功しました。



そこで先ほどの友人に電話。



「おい、獲物が見つかったぞ。いつもの場所に9時だ」



「分かった、急いでいく」







早速待ち合わせ場所に獲物を迎えに行くと



これが、かわいい。




「これは拾い物だな」と。



ジーンズのミニスカートにタンクトップという露出の多い服装です。



車を少し離れた場所に停め、安全を確認した後、車へと誘導します。



ナンバーを見られないように車の真横からアプローチ。



そして車中で交渉します。



「あのさぁ、俺の友達もやらせてやってくれないかな?勿論2人前の代金を払うからさ」



「ええ~っ・・・」



「いいじゃん、することは一緒で倍のお金がもらえるんだし」



「わかったぁ、じゃぁいいよ」



「それでさ、ホテルに3人で入れないから(適当な嘘です)この車の中でやろうよ」



「・・・・・・・・」



「ホテル代もいったつもりであげるからさ~」



「じゃあいいよ」



「友達はあとから来るから・・・」







バカですね、まったく・・・



友人と待ち合わせした場所は行き止まりの山の中の道。



誰も来るはずはありません。



私は早速車中で始めました。



「経験は?」



「3人くらい」



「そう、じゃフェラできる?フェラでいかせたら1マンアップするよ」



金に目がくらんでズボンのチャックを下げ、トランクスから私のちんぽを取りだしました。



洗ってもいないちんぽを咥えました。



右手で根元をしごきながら亀頭全体に舌で刺激を与えます。



おっ、割と上手いテクを持っています。



こいつは楽しめそうだ。



「おおっ、気持ち良いよ~、そのまま・・・いいぞ、いきそうだ」



「うぐっ・・・うっ・・・じゅぽっ、じゅぽっ」と卑猥な音が響きます。



「いくぞ、全部飲めよ。飲まなかったら金は払わないぞ」



私は絶頂に達し、どくっ、どくっ、と白濁液を彼女の口の深くへ発射しました。







久しぶりのセックスだったし、相手が自分の好みにぴったりだったので私のちんぽは萎える事も無くたったままです。



「おい、このまま上に乗っかれよ」



「あの、ゴムつけて・・・」



「あぁ、俺はゴムは要らないんだ。精子がいない病気なんで絶対妊娠させないんだよ」



嘘に決まってます。



こんな馬鹿げた言葉に騙される女などいるわけがありません。



しかし・・・この子は違いました。



「そうなんですか、じゃあゴム無しで良いです」



「そっか、ありがとう」




彼女はスカートをたくし上げ私の腰に跨ってきました。



「自分で、ちんぽを持って入れてみなよ」



私の言葉通り少し腰を浮かせて、私のちんぽを握り締めて自分のまんこへあてがいます。



彼女は既に濡れていて亀頭がヌルッと入りました。



「そうそう、ゆっくりと腰を落として・・・そう、良い感じだ、締りもいいよ」



根元まで入りました。



*6歳の割にはあまり狭くも無くこれではなかなかいけません。







と、そこへやっと友人が現れました。



「遅かったな~、もう始めてるぜ」



「おっ、もう入れてるのか」



「でもな、こいつちょっとユルいんだ、そこのローションを取ってくれよ」



「ほら、どうするんだ?ローションなんか使ったら余計にユルクなるんじゃ・・・?」



私は彼女を上に乗せたままうつぶせにさせてローションをアナルへ塗りました。



「そうかぁ、そういうことか。俺もたっぷり塗ってやるよ」



友人は私からローションを受け取り、アナルへ塗ると同じに自分のちんぽへも塗りました。



「あの・・・何をするんですか?」



「心配しなくていいよ。友達がアナルへ入れるだけだから」



「私、アナルはやったことないんです」



その瞬間、友人はうつ伏せにした彼女のアナルへちんぽをあてがい、入れはじめました。



「いた~~~ぃっっっっっ・・・いやぁぁ、いたい~~」



「我慢しろよ、お金の為だろ?」



友人がアナルへ入れ始めると、まんこが突然締まってきました。



今までのユルまんが嘘のようです。



私は下からずんずんと突き上げました。



友人はゆっくりとピストンを始めましたが・・・彼女は



「ああっ、変なの、お尻とあそこが変・・・あっ、気持ち良いっっっ・・・」



私はあっと言う間に絶頂を迎え・・・どぴゆっっ、どぴゅっ、どくん・・・どくんと彼女の膣内へ熱い精子を発射しました。



ユルいせいかまんことちんぽの隙間から精子が吹き出しました。



アナルへ入れている友人は信じられないほど高速なピストンをしてあっと言う間に射精しました。







一息つくと友人が彼女を全裸にして車外へ連れ出しました。



「おい、ボンネットの上に手をついて尻をこっちに向けろ」



人気の無い山中での野外セックスです。



精子の溢れ出しているまんこへ友人が挿入しました。



勿論、生です。



ぱん、ぱん、ぱん、と規則正しい音が暗闇の中へ響きます。



その音とシンクロして・・・



「あっ、あっ、あっ」と彼女のいやらしい声が聞こえます。







その後友人と心ゆくまで満足射精して満足した後



私と友人はいつものように最後までお金を払わずそのまま適当な所で



女を車から無理矢理降ろして帰るのでした。















  

看護師の実習の実験台にされた話 

入院してました。4日間です。
入院中はとても暇なので(内臓系の検査の為体調はいたって好調) チンポはびんびん状態。
病室で検査の為チューブをつけられて、動けず確認に看護師が来る時間になると、チンポをしごいてびんびんにしておきます (いく寸前にしておきます)。腎臓のためチンポのすぐ上です。

 下半身にかけてある布を取るとちんぽがびんびんに。
看護師は顔を真っ赤にしてチューブを調整しています。
「すいません」と言うと「生理現象ですから」と言ってゆるしてくれます。
初日5回程それをやっていたら見習の準看からベテランの30中盤の正看護師に変わりました。

 2日目もそれをしていたら2回目はチューブを操作しにくいからと言って、手でこすって出してくれました。

イメクラの看護師と違い本物です。しかも病院の個室。
柔らかい手でなれた手つきで微笑みながらしてくれました。
「出そうになったら言ってください」というので「出ます」と言うと、ガーゼに包んでその後濡れタオルで息子を拭いてくれました。

 聞くと若い患者には多いのでベテランがごくまれに、あまり立っている人のは抜くことがあるという話でした。

 3日目その看護師が今日は別の人が来ますと言ったのですが、意味がわかりませんでした。
チューブの刺さってないときに別の20代中盤の看護師が来て、下半身の布を取り去り「お加減いかがですか」と言って初日の看護師を呼びました。
聞けばあくまで仕事として抜くことがあるので、抜き方を準看に教えたいと言ってました。
「協力します」と言うと、看護師が手つきとこする場所と痛くないこすり方を準看に説明してから実際に始めました。

 ベテランですのでもうびんびんです。
匂いも嗅げるほど近づいてくれます。次に準看にさせている時ベテランが「男の人は匂いも嗅いでいるのだからうなじと髪の毛を近づけて、早く出させる事を考えなさい」と鋭い事を言ってました。
そして準看の手の中で爆発しました。
後処理のガーゼと濡れタオルもしてもらいとても満足でした。

3日目の朝、20代の昨日の看護師が別の看護師2人を連れてきて、計3人来ました。
「昨日とおとといの抜いた件は奥さんに黙っているから」と言って下半身の布を取って、息子をこすりながら他の2人の見習い看護師に男のつぼを教え出しました。
ちぢんだチンポはみるみる大きくなり、やがて脈打っています。
ベテランは見習いに出そうなタイミングを教えています。
そして看護師みんなに見られながら発射しました。とても気持ち良かったです。

 その日の夕方、又その看護師が夕食を持ってきて「朝はごめんなさい恥ずかしかったでしょう」と言ってきたので「見せたんだから見せてくれ」と言うとうなずいたのですかさず「本番はまずいからオナニーを見てくれ」と言うと少し考えてからOKしてくれました。

 そして添い寝して匂いを嗅ぎながら看護師に甘え胸の中でオナニーしました。
いく時「いきそう」というと口で受けてくれました。そして69の態勢になり本物看護師制服のスカートに首を突っ込んで、あそこをパンティーの上から匂いを嗅いでなめました。今度は口でいかせてもらいました。

退院 4日目の朝早く初日の30代の看護師から「別の準看の体験講習もしたい」と話がありすぐに承諾しました。そしてすぐ4人の準看が来て30代の看護師が男の生理とオナニーの説明。(溜まるのは仕方ない、だから立つという話) こちらもチンポを女5人に見られるといやでもびんびんです。

 サービスにオナニーをしてあげました。おかずは目の前の看護師達です。
いく時見入っていた一人の準看の顔にかかりました。看護師は行くタイミングをきちんと確認してガーゼで準備しなさいときちんとお勉強していました。そしてまだいきたてのチンポで実地講習です。一人づつチンポをさわり顔を真っ赤にしていました。きちんと握ってこすらないと看護師がしかっていました。

 これは男の生理で仕方ないことだから時には抜くときもあると、きちんと説明していました。ひとりづついかせろと言う事でひとりづつさすったり、こすったりしています。やはり下手なので途中から看護師が寸前まで持っていき出るタイミングと受けを練習していました。

 3人目でさすがに「4発抜いているのできつい」と言うと、看護師は口でいきなり咥えて強引に立たせていく寸前にしました。そしてナースステーションから新生児用のローションを持ってこさせて、ローションをかけられて3人目も発射です。4人目は最初からローションを使っているので、気持ちよいせいかすぐに立ちました。

 去年入った19の準看ばっかりでもう天国です。私の下半身はローションと精液でべたべたです。4人目も無事に発射して計5発です。準看を返してから看護師は「ごめんなさいね、めったに実地練習出来ないから」と言っていました。きれいにシーツと体をしてくれました。体を拭かれているうちに、やはり30代の色気と匂いからびんびんになりました。

「年の割にはすごいわね」と言って今度は口で十分に味わいながらいかせてくれました。
本番は腎臓チューブのための穴がある為にできません。いったチンポをしばらくしゃぶってくれました。聞けばバツイチで男は居ないと言う事です。ベットに入ってくれて胸をはだけてしゃぶらせながら、手でまだ息子を触っています。

 69の態勢になりナースの格好のまま、パンティーをとりしゃぶりっこをしました。疲労回復にブドウ糖の点滴をうってくれました。すごく元気になります。

明日は退院。腎臓チューブの穴もふさがれました。夕食後 (病院の夕食は早く五時ごろです) しかた無いのでテレビを見ていました。一日1回女房は来ますがまさかそんな事をしているとは思いません。

 女房が7時ごろ帰り9時で消灯です。最後の見回りに30代の看護師がきました。「疲れ取れましたか」と言うので「元気です。穴もふさがりました」と言うと「後で体を拭きに来ます」と言いました。別料金の特別室の為に室にバスがついています。10時ごろその看護師が体を拭きに来ました。

 部屋の入り口は入浴中と札が、そしてその看護師に脱がされてもうびんびんです。体中洗ってもらい満足です。息子も丁寧に洗ってくれました。「拭きますから」といって裸のままベットに横たわるといきなり息子をしやぶられました。そしてナース服をさっと脱ぐとパンストとブラです。

 形のよい胸と尻です。フェロモンぷんぷんです。ブラから白い豊かな胸が口に含むと甘い香りが、パンストを脱がせてパンティーからは甘酸っぱい香り「シャワーを浴びていないので匂うから」と言ったが「その匂いがいい」と言って強引にしゃぶりました。69 から騎上位で一回、バックで2回目、正常位で3回目です。


 事がおわり身支度をした看護師は私の体を拭いてくれて、しばらく私が寝るまで添い寝をしてくれました。とても心地よかったです。甘い香りに包まれていました。もう立たないチンポをさわられ、半立ちの気持ち良さがしばらく続きました。もう透明な液しか出ません、それをしばらく明け方まで彼女はいとおしそうにしゃぶっていました。

 脳天はいきっぱなし状態です。少し時間が立ったのでこちらもチンポは立ってきました。いきなり看護師をベットからおろして窓につかまらせて、パンストとパンティーを下まで下げて後ろから挿入しました。何回もいっているせいか時間はかなり持ちこたえて彼女はいき狂っていました。そして最後は中だししました。

 そして彼女はもどり少し寝てから朝退院検査の為に20代の看護師がきました。知っているようで「お疲れでしょう」といって腎臓の穴の検査の時、息子を握りながら笑っていました。又、口に含まれ爆発しました。しゃぶってくれた看護師みんなに見守られて退院しました。30代の看護師の自宅の電話と私の携帯とメールは教えました。

 今、彼女の部屋でノートからこの投稿を打っていますが、息子は彼女の口の中です。



看護師の実習の実験台にされた話をもっと見る

  

黒ストッキングから透けるパンツ 

東京 ♀25 独身 山口智子似

出会い系をぐるぐる彷徨う日々。色んなところに釣り糸を垂らすも、なかなかヒットせず。そんな中、ご飯行きましょうという女神をキャッチ。

心を弾ませ、個室のお店を予約。新宿で待ち合わせ。待ってると対面に携帯を握ったお姉さん。写メより全然かわゆい。山口智子似(以下山口)

山口さんですか?と声を掛け無事合流。この山口、何だかニコニコしてて本当かわええ。女は笑顔と愛嬌ですはい。黒ストッキングも俺の目には光ってみえるんだぜ。

予約してた個室のお店へ入ると、ちょwww個室すぎww

ちっさい部屋、テーブルにL字型の椅子で、パーソナルスペースとか全然無視している店長さんがいるお店はここですか。

山口さん、ニコニコと話を聞いてくれるから話ベタな俺でも話しやすい感じ。共通の趣味とかなさそうだけど、ある意味共通趣味の出会い系の話などで盛り上がる。

結構出会ってるらしいですこのコ。東京はこわいです。
いいペースで楽しく酒を飲んでると、山口がトイレに行きたいと。

この個室、奥に座った山口は俺の上を通らないと出られない。で俺の上を通る時にふざけた感じでギュっと抱きつき俺の上に座らせてみた。

「やーーだーーーぁ」って全然嫌がってなかったので、戻ってきた時にすかさず手を握ったりヒザの上に手置いたり。この山口、セクハラされてんのにニコニコしててかわええぞ。

流れでチュー。酒を口に含んで口移しで飲まし飲まされみたいのを何度かやり、そろそろ出ようかでラブホへ。

ソファーでいちゃいちゃしながら服を捲り上げておっぱいとご対面。かわいいおっぱいだけど、張りがない系。山口の後からおっぱいをもみつつチュー。

乳首を優しくこりこりすると良い感じで吐息がもれる。首筋、乳首と舌を這わせつつ下半身へ。山口をM字でソファーへ座らせて、俺は地べた。

黒ストッキングから透けるパンツが素敵すぎる。黒ストッキングの上からアンヨを堪能し、ストッキングを脱がせると出てくる生足。パンツをずらすと大洪水。

「やだお風呂はいってから」の声を無視してクンニ開始。
最初は回りからじわじわ攻めていきなりベロンでいい声をあげてくれる。

その後は重点的にクリトリスを吸いながら舐めたりでお逝きになられる。クンニャーとしてはここでかなり満足。その後軽く手マン。からの攻守交替。

ベッドにうつってフェラ。臨戦状態の我が息子はあんまり刺激あたえると暴発しちゃうんだからねっ>< 上目づかいのフェラがエロすぎる。。

その後はゴムつけて正常位で挿入。すぐに暴発。しょうがねえだろ気持ちいいんだから^^ 風呂入って朝2回戦して駅でバイバイ。

その後何度か会ったけど、3Pしたいから誰か連れてきてと言われてヘタレな俺が放流されたのだった。

ー秘密H体験告白ー より引用




  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。