■年 齢 認 証■
当サイトは18歳未満の方は、閲覧できないコンテンツになっております。
あなたは18歳以上ですか?
18歳以上です / 18歳未満です

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  

ドMな彼女を拘束したらとんでもないことになったwww 




先日僕の誕生日ということで、

平日ではありましたがホテルを予約し、

彼女と変態チックな夜を謳歌してきました。

その日はホテルに到着する前からレイ プ願望というか、

彼女を目茶苦茶にしたいという思いと妄想が膨らみ、

まだ彼女に会ってもいないのに股間はいきり立って鼻息も荒くなっており、

(彼女の仕事の終了時間の関係で)

先に1人でチェックインした僕は

オナニーをしなければ気が変になりそうでした。

実際そのオナニーでは目茶苦茶な量のザーメンを出してしまい、

少し後悔しました・・。

ちなみにその時は思いつきで、

彼女に対して使うために持ってきたピンクローターを裏筋(カリの裏)にあて、

そのローターとチンポを手のひらに包み込んでしごくというものです。

今はまっています・・。

彼女とホテルで食事をし、

行きつけのバーに場所を移動して2杯ほど軽く飲んだあと

ホテルのベッドに向かいました。

夕方大量のザーメンを放出したにもかかわらず、

これから目の前で展開される状況を想像して

バーでのんでいる最中からチンポはビンビン。

はやる気持ちを抑えてまずはディープキス。

手は彼女の豊なヒップ、肉付きのいい太腿、

二の腕などをまさぐり、ベッドに押し倒しました。

キスの時点で彼女の目はうっとりとし。

「もう好きにしてー!」状態。

服を剥ぎ取り、あわてずに彼女にアイマスクを着け、

履いていたジーンズからベルトを引き抜き、

彼女の腕ごと胴体にしばってやりました。

もう身動きが取れません。

急な展開に彼女は少し戸惑っているようでしたが、

お構いなく言葉嬲りしていると息遣いが荒くなってきました。

「いやらしい女だなー。」

「何で腰くねくねさせてるの?」

「念入りに犯してやるからな・・・。」

彼女は年上ですが、Mっ気が強く、ねちねち虐められるのに弱いのです。

陵辱開始です。

まずは足の指から。

左足の小指から順番に口に含んで舌で転がしてあげると、

「いやーん。気持ちいい・・・・そこ・・・・ああ・・」といきなり大興奮。

体の自由が利かない、アイマスクで目が見えない、

という状況の中で五感が研ぎ澄まされ、

足の指がクリトリスのように性感帯になってしまったようです。

親指をフェラチオのようにしゃぶってあげると身悶えが激しくなり、

下着の上からでもオマンコがグショグショなのが分かります。

次は擬似フェラ。

腕枕のようにして彼女の頭を抱えてあげ、お母さんが授乳するような状態にします。

で、僕の右手の中指を彼女に念入りにしゃぶらせます。

彼女が僕の言いなりになることを確認する作業です。

「今日はいっぱい犯してやるからねー」

「ほら、ちゃんとしゃぶりな!」

「音を立ててしゃぶらないと、くりしゃぶってあげないぞ・・」

「いやらしい女だな。もうグショグショなんだろ??」

彼女の腰はクネクネと絶え間なく動き、

早く犯してほしいとアピールしているかのようでした。

まだまだ。

次はエロエロピンクローター責めです。

あらかじめ引き出しに隠しておいたローターをとりだし、

電源をいれ、耳元で振動させます。

ブーンという振動音が彼女の耳の奥にこだまし、

過去にローターで虐められた経験や、

これからされるであろうローター責めへの期待が頭の中によぎっているのでしょうか。

息遣いはさらに激しくなり、喉はひくひく音を鳴らしています。

ローターを首筋から乳首に這わせると一気に快感が押し寄せたのか、

ビクンビクンと体をくねらせます。

見ている僕も思わず興奮。

早くぶち込みたい思いを押し殺し、さらにオマンコへ。

下着を脱がせオマンコに指を這わせると、もうグショグショのヌルヌル。

一瞬クリに指先が触れただけで、「あああ!」と大きな声が出てしまいます。

全身性感帯状態。

ゆっくりと時間をかけ、ローターを下腹、茂み、太腿に這わせてあげます。

ローターを茂みの中からビラビラまで滑り込ませ、

股の力でオマンコに挟み込ませることを強要すると器用に挟んでよがり始めます。

快感が全身を貫いているのが分かります。

僕も我慢できなくなり、

ローターをオマンコに挟ませながら顔にまたがり、

チンポを無理矢理口に突っ込みました。

普段は清楚な彼女ですが、

この時ばかりはじゅるじゅると音を立ててしゃぶりたおしています。

亀頭が普段の勃起状態の1.3倍くらいに膨れ上がり、

痛いくらいにこちこちになってしまいました。

次はエロエロクリしゃぶり。

ローターを外し、彼女の股の間に顔を埋めます。

まだ舐めてやりません。

太腿だけです。舌先でチロチロと膝、太腿、足の付け根に舌を這わせます。

美しい顔立ちの彼女ですが口はだらしなく半開き。

目はアイマスクが邪魔して見えませんが、きっと快感でとろーんとしているはず。

「ねえ、クリちゃんしゃぶってほしい?」

「うん・・・・」

「聞こえない。しゃぶってほしい??」

「・・・・ほしい・・・。」

最初は舌先で優しくチロチロと。

だんだん舌に力をいれ、じゅるじゅると音を立てて。

最後はクリ自体を口に含み、

レロレロしてあげると30秒ほどで最初の絶頂に達しました。

まだ許さない。

オーガズムに達し、快感に浸る彼女を休ませず僕の膝のうえに彼女の腰を乗せ、

オマンコをいじめやすい位置にもってくると今度は指での陵辱です。

左の指でクリをすりすり、同時に右の指で膣の中をグリグリ。

ポイントは優しくゆっくりいやらしく。

彼女はこれが大好き。

いったばかりなのに5分もしないうちに2回目の絶頂に。

続きはまた今度書きますね。



  

人妻デリヘルの女を責めまくったら生中出しできたエッチ体験談 

先日、人妻ホテヘルに行った。
写真でふっくらとした胸が目を引いた絵里子(34)を写真指名。
一緒に腕を組んで早速ホテルイン。
部屋に入って店に電話を入れ終えた瞬間にその胸を鷲掴み。
「あ!ちょっと待って」
とは言うもののそんなに本気で抵抗して来ない。
プロフィールに書かれていたM女ってのは本当らしい。
軽い抵抗を掻い潜り、上半身裸にすると、Eカップの乳が露に。
さすがに年令と出産している事から、張りは今一で乳首も黒め。
ただ、乳輪が大きめで私好み。
やさしく激しく舐め回すといい声を出し喘ぎ出す。
下を脱がしにかかると、
「駄目。お風呂入ってからにしよ」
と言う言葉を無視し、全裸へ。
大きな胸の為、お腹周りにも肉が・・・。
ま、仕方ない。ポチャ好きなのでま、許容範囲かな。

部屋の照明を全て煌々と照らし、パックリ開いた女性自身をじっくり観察。
M字にされた足の間で、眉間に皺を寄せながら
「恥ずかしい」
を繰り返す絵里子。
「前の客にはどうされた?」
とか聞きながら、ペロっとクリを舐めるとビクっと震えながら陰唇をひくひくさせる。
そのままクリ剥きし真空舐め&Gスポット責めをお見舞いすると、
「ああ!激しすぎる。あ~。」
と、即効で痙攣。
2度・3度と絶頂に追いやると、
「ね、私にも舐めさせて。交代して。」と絵里子。
駄目です。
私は責め好きなので、この言葉を無視し、更に責め続け、部屋へ入って30分間、絶え間無く舐め続け、結局7回絶頂を迎えた所で潮を相当吹いた後、絵里子はぐったりと脱力してしまった。

5分程私は煙草をふかしお茶を飲んで休憩。
「あ!私失神してた?ごめんなさい。」
と、謝る絵里子。
煙草を消して、また組み敷くと、
「もう駄目です。行き過ぎで仕事出来なくなる」
と困惑していますが、その言葉も無視し、更に3回行かせ計10回に達した所でべたべたの股間にギンギンの息子を擦り付けると、絵里子も無意識の内に腰を振って来る。
先っぽをクリに当てながらクイクイっと動かすと、目を瞑りながら絵里子も動きを合わせる。
少し腰を引いて膣穴にあてがうと絵里子は躊躇いも無くぐっと腰を押し出した。
ヌルっとした感触とともに絵里子の中に全部入ってしまった。
耳元で
「いいの?ゴムもしてないし、入れちゃ駄目でしょ?」
と言うと、
「こんなにされて我慢出来ないもん。御願い。このままして」と。
了承済みなら問題無し。
がんがんに腰を打ちつけ、正常位から側位。
松葉崩しからバックへと抜かずに移行し、そのまま回転させて正上位へ。
絵里子は汗をかきながら朦朧としている。
正常位で絵里子の胸を鷲掴みにしながらがんがん腰を打ち付けているとそろそろ私も射精感が・・・。
何を聞いてもしっかりした回答が得られないので、そのまま奥の奥にドップリと中出ししてあげました。
その時の絵里子の締め付けは、今までとは全く違ってました。
「うお!何だこれ?吸い取られる」
と思いながら、何時もより長い収縮を繰り返し、全てを出し終えた。

数分、そのままでいると、絵里子も正気に戻ったらしく、
「中でしました?」
と聞いて来たので、
「うん。気持ち良かったね?」
と言うと、困惑しながらも
「旦那にも最近は中で出して貰って無いのに、初めての人に出されちゃった。でも、今までで一番良かったかも。こんなに責められたの初めて。」
と、お世辞でも嬉しいお言葉。
「じゃ、今度来た時は時間長くして、更に責めてあげるよ。」
と言うと、
「うん。」
と俯きながら頷いた。
その姿がかわいく反応してしまったが時間となってしまった。

「避妊とか大丈夫?」
って聞くと、
「今日は一応安全に近いから」と。
ピル飲んでると思ったら、全く飲んで無いらしい。
他のお客さんは皆責めないでマグロ状態らしい。
もったいない。
ここにこんなに飢えた女性が居るのに・・・。

携帯メール・番号を聞きだし、「店だと時間が限られるから」と言う事で次回からは店外で。
時間を気にせず責めれるので、どうしようか今からわくわくしてます。



  

処女喪失の2週間後に亀甲縛りを 



彼女に最初にフェラチオを教えたのは処女喪失の2週間後、彼女が17歳の時。

ラブホテルのベッドがあまりにも柔らかかったので床にバスマットを敷いて教えることにしました。
彼女はバスローブ姿でマットの上に跪いています。
期待しているけれどもちょっと怖いようで、緊張した笑顔です。
私は前を開いて、目の前に立ちました。
「大きすぎるよ」と、彼女。笑みが消えます。
私も若かったので、そのときすでにびんびんだったんです(笑)。

天井を向いているモノをじっと見つめています。そして両手を私の腰にかけて、私の顔を見上げました。私が目で合図をしてうなずくと、彼女は先っぽを口に含みました。
「ぺろぺろキャンディーみたいに、チュバチュバしてみて」というと、唇で包むようにしながら、口から出し入れしています。時々歯にあたります。
「手で袋を包んで。」
「筋を舌でなぞって。」
「先っぽを舐めて。」
そんな要求に健気に応えています。

「止めていいよ」
「気持ち良くないの」
そんなことないよ、といいながら抱きしめて、彼女のバスローブを脱がします。
戸惑いながらも彼女の顔に笑顔が戻りました。全裸になった彼女をもう一度抱きしめてキスをし、バスローブの腰紐を手に取りました。
「なぜ目隠しをするの」
「フェラをするときは、たいてい暗がりの中だろう」
「そっか」
素直に目隠しをされている間に、私は鞄を手元に寄せました。

「はい、もう一度始めるよ」
全裸で跪いている彼女の口に、小指を入れました。
「ずいぶんちっちゃくなっちゃたねぇ~」
笑いながらも、さっき教えたとおりに口を動かしています。その間に鞄を開け、中から赤いロープを取り出しました。

「うまいうまい、もう逝きそうだから抜くね。」
「はあい」
よっぽど可笑しかったらしく、まだ笑っています。
「はい、本物」
ペニスを手のひらの上に乗せました。
「やっぱりちっちゃくなってるね。」
また腰に手を掛けて口に含んでいます。両手が開いたので、ロープを伸ばし半分に折り、結び目を四つ作りました。

フェラチオにも慣れてきて、チュバチュバといやらしい音を出しながら上体を動かし
ています。少し興奮しているらしく、顔がピンク色に染まっています。私のほうも先ほどと同じぐらいにまで回復しました。首の動きを牽制するようにうなじに手をやり、口から外しました。
彼女は少し息を切らしながら「どう?」と訊いてきます。

「とってもいいよ、最高だ。」抱きしめて、耳元で「がんばったね」と言うと、無言でうなずきました。しばらくそのまま抱きしめ、いつもセックスを始める前にそうするように、ディープキスを始めました。激しく絡みつかせる舌使いで、求めてきていることがわかります。

口を外し、頬にもう一度キスをして、ロープの輪を首に通しました。
「何をするの、怖い」
「大丈夫。痛くしないから、心配ないよ」もう一度軽く抱いてロープワークに入ります。
胸の谷間に結び目が来ないように、首の後ろの輪の長さで調整します。
「ネックレスみたいだよ」と話し掛けましたが、返事はありません。
彼女はただ、軽くうなずくだけです。それから足を少し広げさせ、股の下からロープを通し、靴の紐を編むように体を縄で包みました。最後の結び目をつけるときにちょっときつめに引いたので、
「うっ、」と言う声を上げています。
「大丈夫?、痛くないでしょう。」やはりうなずくだけです。

半月前まで処女だった女の子が、亀甲縛り姿で目の前に跪いています。手足は完全に自由ですが、心の中は縛られている気分でいっぱいなのでしょう。紅潮した肌と荒い息遣いが物語っています。

「綺麗だよ」
「ありが、とう」少しうつむきながら応えます。

「もう一度、お願い」
再び咥えさせると、今度はゆっくりと、丁寧に舐めています。彼女にとってのペニスの存在意義が変わったかのようです。愛しいものを愛撫するように、優しく扱ってくれます。ふわふわとマシュマロの中で圧迫されたあとで、濡れた絵筆で塗られるような感じです。

危うく逝きそうになる寸前、手をとってペニスを外しました。彼女はすっかり興奮しているようです。肩で息をしています。両手の指を組ませ、手首をもう一本のロープで縛りました。そのとき「ああっ」と言う喘ぎ声が漏れたことを覚えています。

天井にある吊り下げフックにロープを引っ掛けます。
彼女に「立っていいよ」と声を掛けます。ちょっとよろめきながらも立ち上がりました。ロープを引っ張ると組んだ両手が上にあがります。ちょうどつり革の高さぐらいでロープを固定しました。縄の間から突き出している形のよい乳房の先端には、すでに硬くなっている乳首があります。
「綺麗だ、この姿が一番綺麗なんだよ」
そう耳元でささやきながら、両乳首をダイヤルのように回します。口をぎゅっと結んで声を我慢していますが、一瞬背中がぴんと伸びて、確かな反応を感じます。

股間に手をやると、もうすでにロープが湿っていました。ロープを掻き分けて中に指をやると、ぐっしょりと濡れています。まだ我慢をしているので「声を出していいよ」と言うと、「あ」と、遠慮がちに喘ぎます。
クリトリスの愛撫に入ると彼女の声はだんだん大きくなりました。体の姿勢も尻を突き出すような形になり、手首を縛っているロープで吊られているような状態です。

しばらく続けると、彼女は声を出さなくなり、荒い息遣いしか聞こえなくなりました。
その頃に手首が紫色に変色しているのに気づき、手首のロープを外します。床にへたり込もうとする彼女を何とか支え、ベッドに座らせます。亀甲縛りのロープを外すと、やっぱり縄の跡が出来ていました。
「やっぱり、痛かった?」と聞くとうなずきます。泣き声も聞こえます。目隠しを取った途端、彼女が抱きついてきました。
「私のこと、離さないでね、お願い、離さないでね。」

それからじっと抱きしめてあげました。今でも抱擁するときは、常にこのときの延長線上のような気がしています。



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。