■年 齢 認 証■
当サイトは18歳未満の方は、閲覧できないコンテンツになっております。
あなたは18歳以上ですか?
18歳以上です / 18歳未満です

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  

奥さんに誘われて友人夫婦宅に飲みに行ったら、旦那は出張中だった話w 



家族ぐるみで付き合っている古くからの友人夫婦がいます。
でその奥さんから「今夜飲まない?」って軽いノリのメールが入った。
いつもなら喜んで妻も連れて行くのだが、その日は実家に帰っていなくて俺だけで向かいました。


友達の家に付くと美人な奥さんが飛びっきりの笑顔で迎えてくれた。
「沙紀ちゃん(俺の奥さん)は?」
「実家に帰ってるよ」と言うと、「…そんじぁ今日は私と2人だよ」と奥さんが照れたように言った。
「井東は?(友人)」
「明後日まで出張」
「俺、帰ろうか?」と言うと、「せっかく来たんだから…」と家の中に進められた。

家に入るとワンパク3人兄弟がいて遊び相手にされた。
9時を過ぎ子供達は寝る時間になった。
奥さんは寝かしつけに行くと言って、「その間にシャワーでも浴びてて」と付け加えた。

俺が遠慮なく浴びていると、脱衣場に奥さんが入ってきた。
「生田さんが遊んでくれたからグッスリ寝ちゃった。下着洗濯するね。」と俺に声をかけてから洗濯機を回し始めた。

俺がシャワーを浴びて出ると下着はなくバスタオルだけが…しょうがなくバスタオルだけで居間にいくと、奥さんがビールを出してくれた。
ビールを飲み始めると奥さんが「私もお風呂入ってくるね」っと席を立った。
2人だけでまずいよな?と思いながら飲んでいると、奥さんが風呂からあがりやってきた。

タンクトップにハーフパンツで…よく見るとブラジャーを付けてなく、乳首がタンクトップの上からもわかる…2人で飲みながら世間話をして飲んでると、「生田さんとこって、エッチしてる?家は3ヶ月ほどしてないよ。」と言われ俺も「家もしばらくしてないよ」と答えた。

「奥さん言ってたけど、生田さんのエッチって凄いらしいね。」
「えっ!…」
「おっきいし30分以上は入れっぱなしだって言ってたよ。」
「…」俺が返事に困ってると、「旦那、外に女いるみたいなんだ。
同じ会社の事務員らしいけど…」
「そうなんだ。」
「私って子供3人産んだし魅力ないのかな。」
「そんな事ないよ。」と言うと立ち上がって、俺のそばに来てタンクトップを脱いだ。

確かにちょっと垂れてはいるけどきれいだった。
俺の横に座りバスタオルごしにペニスを触って来た。
既に勃起していた堅いペニスを上下にさすりいたずらっぽく笑って、「秘密にできるんだったらいいよ」と言ってきた。

俺もあまりの気持ちよさに、バスタオルを取ってペニスを奥さんに見せた。
「やっぱりおっきい!」っと我慢汁を指につけて舐めてくれた。
そして勃起したペニスを口に含んで上下に動かし始めた。

俺も負けまいと奥さんの胸を揉み乳首をクリクリしてあげた。
ときおりくわえた口から「あっ!あ!」っと吐息のような声にならない声が聞こえた。
我慢出来なくなってペニスを口から離し、奥さんのハーフパンツとパンティを脱がし、立たせたまま胸に舌をはわせ、徐々に下へと攻撃をしていった。

今度は完全に感じた声で「あ?いい!あっ!あっ!」っと声を出し始めた。
マンコに到達する頃には、ソファーに手をつかないと自分を支えられない状態になっていた。
俺は、そのバックの姿勢のような奥さんを後ろから攻撃していった。

そこは既にベタベタでしずくがふとももまでつたっていた。
「こんなに濡らして」っと聞くと「メールした時からこうなるの期待してたの」っと息たえだえで答えた。
「そんなに俺とエッチしたかったの?」っと聞きながら舌で攻撃すると、「あっ?あっ!ハッ!あ?」っと大きさ声をあげた。

「あっ!ず、ずっと前から生田さんの事…あっ!いい?」ジュルジュルと音を立てながら舐めて、「俺の事、なに?」
「あっ!したかったの?」ガクっと体勢を崩しながら答えた。
「まだ入れてあげないよ」っと、いたずらぽく言って、崩れた体勢をソファーに座らせ、足を大きく開かせ指と舌で攻撃を開始した。
明かりがついたままだったからよく見えて、すぐにでも入れたい衝動にかられたが、我慢して攻撃していった。

「キャ!アッ!ハ?」っと悲鳴に近い声で舐めている俺の頭を押さえ付けてきた。
「アッ!…欲しい?早く…早く欲しい!」
「なにが欲しいのかな??」
「ウッ?ハッ!ハッ?!チンチン…チンチンちょうだい?」
「いいよ!」俺は奥さんをそのままの体勢にしてペニスをあてがい、ベタベタの入り口付近をギンギンのペニスでなぞり、入り口に先をあてがった。
「入れるから一緒に見て」奥さんは顔を結合部にやりながら、「早く奥までちょうだい。」っと半狂乱の顔で言ったから徐々に入れてやった。

奥に進むたびに「アッ!」っと俺の腕を強く握ってきた。
奥につく頃には俺の背中に腕を回し「凄い?!グッ?ハッ!ハ?」っと悶えていた。
ゆっくりとピストンを始めると、それに合わせて声をあげ奥さんも腰を動かした。

しばらくピストンして動きを止め、「生田よりいいか?」
「凄い?こんなの初めて凄くいい?奥に当たるのが気持ちいいの?」と下から腰を擦りつけてきた。
今度、円を書くように腰を動かしてやった。
奥さんは、「あっ!ダメ?ダメ!いっちゃう!いっちゃう?」と腰に回していた手で力いっぱい俺をしめあげた。

ハイスピードでピストンし、途中でちょっと止めると、奥さんは「ハーハー」と荒い息をしながらっとうつろな顔で俺を見つめてきた。
俺はまたも奥さんの唇を激しく吸った。
息が整うのを待ってペニスを抜き奥さんに見えるように「これが入ってたんだよ」っと言ってしごいて見せた。

マジマジと見ながら「やっぱりおっきい?」とうれしそうに言った。
今度は俺がソファーに座り奥さんを上にくるように言って上に乗せた。
やっぱり入れる時は「おっきい!おっきい!凄い?」っと奥まで入れ味わうようにゆっくり動き始めた。

俺は乳首をさわりながら乳房を揉んだ。
奥さんの上下運動の激しさで俺もいきそうになったが、奥さんの方が先に2度目いってしまった。
「いく!いく!いく!うっ?あっ!」っと1回目より凄まじいいきかただった。

「やっぱり凄いよ?気持ちよすぎだよ?生田さんはどんなのが気持ちいいの?」と聞くので「俺はバックかな。」っと答え、ソファーの背もたれに手をつかせ立ちバックで入れてやった。
始めはゆっくり円を書くようにしたり、浅めでピストンしたりしていたが、奥さんが3度目にだいぶ上りつめたとこで「中で出すぞ!」と言ってピストンのスピードを早めた。

またも奥さんはすぐにいったが、俺はお構いなしに高速ピストンを続け、奥さんの中に全部出した。
奥さんは「凄い!凄い!」と半狂乱状態。
しばらく入れたままで呼吸を整えまたゆっくり動きだすと、「まだできるの!?」
「うん、ダメなの?」
「だって…これが抜かずの…て言うのでしょ?」
「そうだよ。俺のと奥さん汁でクチュクチュ言ってるだろ!」と、わざと音がするように腰を動かした。

ペニスを抜くと2人の汁が口を開けたマンコから流れ出した。
俺はその汁をペニスの先端ですくい、またマンコの入り口に戻してやってクリトリス付近をペニスの先でかき回した。
奥さんもいやらしく腰をくねらせ「欲しい。」っと言うので口を開けたマンコに一気に突き刺さってやった。

「あっ!ウーッ!凄い!凄いよ?!私ダメ生田さんの虜になりそう。」
「いつでも欲しい時は抱いてやるぞ。」
「本当!本当に!?」それまで止めていた腰を激しく振りながら、「本当さ。いつでも抱いてやるさ!」
「あっ!アーッー!う・嬉しい?」と言って俺のスライドに合わせ腰動かし始めた。

結局、この日は朝がくるまでこんな調子で盛り上がった。
この日を境に奥さんとの関係が始まった。



  

22才ライフセーバーの女の子とSEXを楽しむ!生入れ…中だし 





  

彼女が目の前で痴 漢されて目覚めた俺 


大学生の時、付き合ってた彼女との話。

その頃ってお互い初めてSEXしたのもあって、色々やってみようって青姦に嵌ってた。
映画館でずーっとクリ弄ったり、トイレとかマンションの屋上とか色んな所。

もうお猿さん状態(笑) ある時、彼女がサークルの打ち上げで、酔って他の男に手マンされた事で、浮気と定義するかどうかでちょっと喧嘩。
で、結局 「じゃぁ浮気じゃないって信じるけど、言う事聞いてよ」 と駄々こねてみた。(今考えると割に最低だね笑)

 ちょっと恥ずかしい思いしてもらおうって事で、ノーパン・ノーブラで一緒に埼○線の満員電車に乗る事にした。
彼女は抵抗したけど最終的には、黒のひらひらミニスカと青のタンクトップに上からブラウス羽織って、朝の新宿。

ここから、自分の性癖変わるくらい凄い光景見てしまった。 まず乗る瞬間からいきなり割り込まれて、1人挟んだ位置で彼女の左前に押しやられ、身動き出来ないまま出発。
その時微かに 「OK娘だぜ」 って小さい声が前から聞こえてきた。
もうドアが閉まる位の時には、タンクトップ捲られて、右の乳首を2人位の手からツンツンされてるのが見えた。
彼女も結構ビクビクってしてて、もう少し見てると、下向いて俯いて耳たぶが赤い。
俺の前に立ってるリーマンのおっさんも、大胆にいきなり彼女の乳首舐めたりする。
脇から首を出してきて、チュウチュウ吸ったおっさんもいて、多分順番に彼女の周りは数回ずつ吸ったと思う。
彼女の困った顔が凄い興奮してしまった。

更に見てると、彼女の体が小刻みに揺れてる。 (あ、下やられてるのかな…) 激しく指で出し入れされてるんだろうな、と想像。
すると、こっちを急に見上げて首を振ってる…と思ったら、少し彼女が持ち上がって下がったら、彼女が 「うっ!」 と歪む。
で、一定のリズムで揺れて、後ろのはげたおっさんがハァハァして、しばらくして逝った感じが見えた。

するとおっさん何食わぬ顔で、離れたと思ったら入れ替わりでガタイの良いおっさんが彼女の後ろに。
彼女は目が虚ろだったけど、また持ち上がって下がった時は表情が一瞬悦びの顔になった。

バック好きなんだなぁ、ってこっちは呆然。 凄い突かれてて、またしばらくして彼女もさすがに息が上がって、 「あう!」 って。

そこで駅について、彼女力振り絞って掻き分けながら降りようとして、俺の手を掴んで降りた。
肩を抱きながら、駅の改札出てトイレに行く。

歩いていく彼女の膝まで白い液体が垂れていたのが、目に入った。 それからも、ちょっと露出やらスワップしたりしたけど、結局別れた。

でも、あの時の光景で何かが頭の中で弾けちゃった。



  

息子の母が同級生のませガキどもにこう束されておかされて…SEXを楽しまれ!生入れ中だし 





  

人妻デリヘルの女を責めまくったら生中出しできたエッチ体験談 

先日、人妻ホテヘルに行った。
写真でふっくらとした胸が目を引いた絵里子(34)を写真指名。
一緒に腕を組んで早速ホテルイン。
部屋に入って店に電話を入れ終えた瞬間にその胸を鷲掴み。
「あ!ちょっと待って」
とは言うもののそんなに本気で抵抗して来ない。
プロフィールに書かれていたM女ってのは本当らしい。
軽い抵抗を掻い潜り、上半身裸にすると、Eカップの乳が露に。
さすがに年令と出産している事から、張りは今一で乳首も黒め。
ただ、乳輪が大きめで私好み。
やさしく激しく舐め回すといい声を出し喘ぎ出す。
下を脱がしにかかると、
「駄目。お風呂入ってからにしよ」
と言う言葉を無視し、全裸へ。
大きな胸の為、お腹周りにも肉が・・・。
ま、仕方ない。ポチャ好きなのでま、許容範囲かな。

部屋の照明を全て煌々と照らし、パックリ開いた女性自身をじっくり観察。
M字にされた足の間で、眉間に皺を寄せながら
「恥ずかしい」
を繰り返す絵里子。
「前の客にはどうされた?」
とか聞きながら、ペロっとクリを舐めるとビクっと震えながら陰唇をひくひくさせる。
そのままクリ剥きし真空舐め&Gスポット責めをお見舞いすると、
「ああ!激しすぎる。あ~。」
と、即効で痙攣。
2度・3度と絶頂に追いやると、
「ね、私にも舐めさせて。交代して。」と絵里子。
駄目です。
私は責め好きなので、この言葉を無視し、更に責め続け、部屋へ入って30分間、絶え間無く舐め続け、結局7回絶頂を迎えた所で潮を相当吹いた後、絵里子はぐったりと脱力してしまった。

5分程私は煙草をふかしお茶を飲んで休憩。
「あ!私失神してた?ごめんなさい。」
と、謝る絵里子。
煙草を消して、また組み敷くと、
「もう駄目です。行き過ぎで仕事出来なくなる」
と困惑していますが、その言葉も無視し、更に3回行かせ計10回に達した所でべたべたの股間にギンギンの息子を擦り付けると、絵里子も無意識の内に腰を振って来る。
先っぽをクリに当てながらクイクイっと動かすと、目を瞑りながら絵里子も動きを合わせる。
少し腰を引いて膣穴にあてがうと絵里子は躊躇いも無くぐっと腰を押し出した。
ヌルっとした感触とともに絵里子の中に全部入ってしまった。
耳元で
「いいの?ゴムもしてないし、入れちゃ駄目でしょ?」
と言うと、
「こんなにされて我慢出来ないもん。御願い。このままして」と。
了承済みなら問題無し。
がんがんに腰を打ちつけ、正常位から側位。
松葉崩しからバックへと抜かずに移行し、そのまま回転させて正上位へ。
絵里子は汗をかきながら朦朧としている。
正常位で絵里子の胸を鷲掴みにしながらがんがん腰を打ち付けているとそろそろ私も射精感が・・・。
何を聞いてもしっかりした回答が得られないので、そのまま奥の奥にドップリと中出ししてあげました。
その時の絵里子の締め付けは、今までとは全く違ってました。
「うお!何だこれ?吸い取られる」
と思いながら、何時もより長い収縮を繰り返し、全てを出し終えた。

数分、そのままでいると、絵里子も正気に戻ったらしく、
「中でしました?」
と聞いて来たので、
「うん。気持ち良かったね?」
と言うと、困惑しながらも
「旦那にも最近は中で出して貰って無いのに、初めての人に出されちゃった。でも、今までで一番良かったかも。こんなに責められたの初めて。」
と、お世辞でも嬉しいお言葉。
「じゃ、今度来た時は時間長くして、更に責めてあげるよ。」
と言うと、
「うん。」
と俯きながら頷いた。
その姿がかわいく反応してしまったが時間となってしまった。

「避妊とか大丈夫?」
って聞くと、
「今日は一応安全に近いから」と。
ピル飲んでると思ったら、全く飲んで無いらしい。
他のお客さんは皆責めないでマグロ状態らしい。
もったいない。
ここにこんなに飢えた女性が居るのに・・・。

携帯メール・番号を聞きだし、「店だと時間が限られるから」と言う事で次回からは店外で。
時間を気にせず責めれるので、どうしようか今からわくわくしてます。



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。