■年 齢 認 証■
当サイトは18歳未満の方は、閲覧できないコンテンツになっております。
あなたは18歳以上ですか?
18歳以上です / 18歳未満です

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  
素人無修正動画

ブログパーツ

妻が友人達の玩具にされた挙句 

 



俺が単身赴任中に妻が友人達の玩具にされていました。

発覚したのは仕事から帰ってきて妻とメールしてる時に突然内容が全然違うメールが妻から送られてきたからです。
それも妻が素っ裸でアソコにバイブを入れてる写メ付きで。メールの内容は ご主人様もう限界です。
イッてもいいですか? と書かれていました。

俺は唖然として今の何?ってメールしてもそれっきり返事が来なくなりました。
電話をかけても出てくれない。
いてもたっても居られなくなり俺はその日のうちに家に向かいました。
電車の関係で家に着いたのは次の日の早朝。玄関の鍵を開け中に入ると妻はまだ寝室で寝ていました。
目を覚ました妻はまさか俺が帰ってくるとは思ってなかったらしくかなり驚いていました。と同時に携帯を隠そうとしていました。

俺はとっさに妻から携帯を奪い取り中を調べました。
すると昨日メールしてた相手が俺の友人だと分かりました。
俺に間違ってメールが送られてくる前後のメールを見てみると友人が妻にオナニーして写メを送ってこいと命令する内容でした。

そして俺に間違って送った後は お前のミスなんだから自分で解決しろよ 俺達の事話したら今までの写真全部バラまくぞ と書かれていました。

俺はもう頭がパニック状態でした。
俺達って何だよって思いながら過去のメールを見ていくとその友人の他に別の友人二人とメールしてるみたいでどれも妻に卑猥な事をさせるように命令してる内容でした。

次に送信メールを見て愕然としました。妻がその友人らに送ったメールのほとんどに妻のあられもない姿が写った写メが貼付けられていました。
メールに書かれてる内容も俺の知ってる妻からは想像も出来ない内容で 私のおまんこ見てくださいとか 早くチンポが欲しいです とか書かれていました。

そう言えば写メに写る妻のアソコに毛がありませんでした。

いったいどうしたんだ?と聞いても泣くばかりで全然話しになりません。
友人達に電話しても誰も出ない。
取りあえず妻を落ち着かせ話しを聞く事にした。妻は言葉を詰まらせながらも話しだした。

聞けば俺が単身赴任になって間が無い時に友人Aが家に尋ねて来たらしい。
妻は俺が単身赴任になったと言うと友人Aは次の日酒を持ってきて一人は寂しいから一緒に飲みましょう と強引に家に上がってきたらしい。
妻は追い返そうとしたが友人Aは妻に そんな邪険にするとこの写真バラまきますよ と携帯の写真を見せられたそうだ。そこには俺が携帯で撮った妻の裸の写真が写ってたそうだ。

妻がその写真どうしたんですか?と聞くと お前の旦那がくれたんだよ けどあいつには言うなよ 言ったら写真バラまくぞ と言われたそうだ。

そう言えば前に友人Aの家で酒を飲んだ時に寝てしまった事があったがその時に携帯を盗み見されて写真をコピーされたに違いない。
それから事あるごとに友人Aに写真バラまくぞと脅されて妻は友人Aの言いなりになるしかなかったと。

それから友人Aは逆らえなくなった妻に酌をさせ酒を飲みながら妻にストリップをさせ裸踊りをさせたそうだ。

そしてそのまま犯されたと。
犯されたのだけど妻が無理矢理 私のおまんこにA様のチンポを入れて下さい と言わされてそれをムービーで撮られたらしく真面目な妻は自分からAを受け入れた感覚になり一人罪悪感に苛まれてたようだ。

そして次の日から毎日Aは家に来るようになり妻を弄んだのだ。
Aは妻に家では服を着るなと命令し妻に裸で毎日出迎えるよう義務付けたそうだ。
そして毎日屈辱的な事をやらされたと。
食卓の上で用意されたバイブを使って何時間もオナニーさせられたり食卓の上で放 尿させられたり、何時間もAのチンポを舐めさせられたり… Aの小便まで飲まされていた。

そんな事を毎日毎日やらされた妻は頭も体もおかしくなり完全にAの奴隷になっていたらしい。
そして奴隷の証にアソコの毛を剃れと言われて自分で剃ったそうだ。

そしてある日 今日は服を着て待ってろと言われて服を着て待ってたらAは他に友人BとCを連れて来たそうだ。そして何も知らない友人BとCの前でAの妻に対する凌辱が始まったのです。

友人BとCは俺の居ない家で我が物顔に振る舞うAと怯える妻に異様な雰囲気を感じながらもAに言われるがまま我が家で宴会を始めたそうだ。
そしてある程度酔いが回った頃Aがそろそろショータイムの時間だなと言いながら妻を呼び付けた。
そして妻に首輪を付けて お前は今から犬だ と言って四つん這いにさせた。

その様子を驚いたように見てるBとCに この奥さんは欲求不満で自分から犬になったんだよ。

そうだよな奥さん と言われた妻は 小さい声で はい… と答えた。
そして四つん這いで部屋中を歩かされBとCの前で止められる。
そして BとCに挨拶しろよ と言われ 私は犬です 好きなように可愛がって下さい と言わされたそうだ。そしてただ驚いて見てただけのBとCもAに ほら、可愛がってやれよ 犬なんだから と言われ恐る恐る妻の頭や背中を撫で始めた。

そして無抵抗の妻を見て徐々に状況が飲み込めてきたBとCは四つん這いの妻の体を触りまくる。
胸は鷲掴みにされスカートは捲られ下着丸出しでお尻や股間まで触られ放題。
そしてパンティーをずらして良いかと確認するCにAは まぁ慌てるな 犬が自分で脱いでくれるよ なんせ欲求不満で自分から見せたいんだから と言い妻に そうだよな? と同意を求める。
妻はまたもや はい… と答えるしかなかった。そして妻は 犬が服着ててごめんなさい。
と言わされ服を自ら脱ぎはじめる。BとCから うおぉ凄ぇ まじかよ と歓声が上がる。
そんな中服を脱ぎ下着も脱いで全裸になった妻。Aに忠誠を誓い陰毛を剃りあげたアソコがBとCの目に晒される。
もう妻に人格など無くなっていた。
Aに呼ばれた全裸の妻が食卓の上に上げられる。
そしてBとCの方に向かって足を広げて寝転がる。
Aの命令で これが欲求不満の私のマンコです。見て下さい。と言わされ更に自らアソコを手で広げて見せる。そして 今からオナニーしますから見てて下さい と言わされ渡されたバイブでオナニーを始める。

そして妻のオナニーショーは始まった。普段の妻を知ってるBとCは妻の変わり果てた姿に驚いて言葉を詰まらせる。 おい、これ一紀の嫁さんだよな?マジかよ? いいのか?こんなことして… とBとCは口々に驚きの言葉をAに投げ掛ける。

Aは得意そうに これが一紀の嫁さんの本当の姿なんだよ 俺も最初は驚いたよ 奥さん一紀とのセックスでは満足出来なくて相当欲求不満だったみたいで俺に会った途端今みたいに自分からオナニー始めて俺を誘うんだよ 仕方なくセックスしてやったら喜んで自分が変態だって事も打ち明けてくれたんだよ なぁ奥さん? と無茶苦茶な事を言われても はい、そうです… と答えたそうだ。
それを聞いたBは 変態って?と聞くと 変態は変態だよ。何でもするぜぇこの奥さん と言い妻に耳打ちをした。
そして ほら、自分が変態な所見せてやれよ と妻に言うと妻は もっと見て…私のオマンコもっと見て 私見られてたら興奮する変態なんです と言い、またAが妻に耳打ちし あぁっ…チンポが欲しい 誰かチンポちょうだい チンポ チンポ と叫びだした。

ほら、チンポ欲しがってるぜ とAはBとCに言う。
ホントにいいのか?と戸惑う二人に 奥さんが欲しがってるんだからいいんだよ と言いながらAは自らズボンのチャックを下ろしチンポを出して妻の口に近付けた。妻はそれをくわえ込みしゃぶりだす。
美味しいか? と聞かれた妻は はい、A様のチンポ美味しいです と答えた。
ほら、何でもするだろこの奥さん お前らも好きにしていいぞ とAに言われた二人が恐る恐る妻に近付き体を触りだす。そしてBが先にズボンを下ろした。

そして妻のマンコからバイブを抜き取りチンポを入れた。妻の喘ぎ声が響き渡る。
そして待ちきれなくなったCもズボンを脱ぎBと交代する。
そこへAも加わり三人が代わる代わる妻のマンコと口を弄ぶ。
やがて妻は床に下ろされ四つん這いになって犬のように犯される。
そしてイキそうになったAはマンコからチンポを抜き妻の口の中で精子を放出。
それを見たBもCも同じように妻の口の中に精液を流し込む。
三人に代わる代わる犯された妻は口から精子を垂らしながら横たわる。

その日から妻は友人達三人の奴隷になり毎日のように三人に凌辱された。
家でピザや出前をたのみ全裸の妻に応対させる。
カーテンを開けた窓際で外に向かってオナニーさせる。
夜中に全裸で近くの自動販売機までジュースを買いに行かせる。
トイレは食卓の上か家の外。
外出する時は服を許可されるが下着の着用は禁止。
しかも服はすけすけでオッパイは丸見えスカートは超ミニで歩くだけでお尻やマンコが見えてしまってる。
そんなカッコで連れ回され人混みで放置される。
浮浪者の集まる場所でストリップ。
そして口やマンコで集まった浮浪者の性処理。
もはや妻の人格は犬以下に扱われてた…

俺は妻の変貌振りに愕然とし怒りの矛先を友人達に向けた。

しかし何度電話しても家に行っても友人達は逃げてばかり。
俺は職場に休暇願いを出し友人達を探し回った。

やっとBを捕まえ説明を求めた。
しかしBは お前の嫁さんから誘ったんだから仕方ないだろ の一点張り。

俺は妻がそんな事する訳ないと言い張り警察沙汰にしてやると言うとBは じゃあ他の二人も呼んでやるからゆっくり話そうじゃないか と二人に電話をかけた。
そして友人三人が集まりわが家で話し合いをする事になった。

三人を前に怯える妻をかばいながら お前ら絶対許さないからな と怒鳴る俺にAが 何怒ってんだよ 俺達何も悪い事してないだろ と開き直る。
俺がとぼけるな お前ら妻に何をした と言うと だからお前の嫁さんが誘ってきたんだから仕方ないだろ なぁ奥さん とAは妻に問い掛けた。
妻は怯えて無言のまま下を向いてた。

そんな妻にAは 旦那の前だからってカッコつけるなよ と言いながら一枚のDVDを取り出し これ再生してみろ と俺に投げつけてきた。
再生したテレビの画面からは 全裸の妻が映しだされた。

妻がガタガタと震え出した。
画面からは全裸の妻が 私にチンポ入れて と言ってる映像が流れてる。
更に 私は欲求不満の変態です。
誰でもいいから私のマンコにチンポ入れて下さい と言ってるとこや これが私のオマンコです 見てください と言ってる映像が流れてる。

Aは これでも俺達が悪いって言うのか? と言い放つ。
俺は お前らが無理矢理やらせたんだろ と言うと じゃあ出るとこ出ようぜ この映像みんなに見て貰って判断して貰おうぜ と言ってきた。

なんならお前の会社の社員全員に見て貰うか?お前の両親や奥さんの両親にも見て貰うか あっ、奥さんの友達にも判断して貰わないとな 映像は他にもまだまだあるぜ なぁ奥さん と言ってきた。

更ににAは あっ、警察に行ってもいいけど映像は確実にばらまけるからな と脅しかけてきた。
返答に困ってると さぁどうなんだ 俺達が悪いのか?と言いながらテレビのボリュームをどんどん上げて妻のあられもない声が部屋中に響き渡る。

俺は やめてくれ とボリュームを下げようとするが椅子に押さえ付けられ動けなくされた。
大音量で妻のいやらしい声が響き渡る。

Aは さぁどうなんだ?俺達が悪いのかはっきり答えろよ と捲くし立てる。
頼むからもう止めてくれ… と悲願する俺に 止めてくれじゃないだろ 人にものを頼むときは 土下座して止めて下さいって頼むもんだろ と言ってきた。

俺は悔しさを奥歯で噛み締めながら土下座をして 止めて下さい と言った。
Aは じゃあ俺達は悪くないって認めるんだよな? と聞いてきて俺は はい 認めます と言うしか無かった。

よし、じゃあ俺がいいと言うまでそこで土下座して頭を床に擦りつけてろ そしたらDVDを止めてやるよ と言われ言われた通り土下座したまま床に頭を床擦りつけてた。そしてAは妻を呼び付けた。

Aと妻は何やら会話をしていたがテレビからの音声でほとんど聞き取れ無かった。
何分か経った頃ふと頭を上げた俺の目に映ったのは全裸の妻が三人の前でオナニーしてる姿だった。
俺は 何やってんだ と立ち上がると こら、土下座してろと言っただろ と言われ 言われた通りにしてないと奥さんのこんな姿を世間に曝す事になるぞ と言われた。

さぁどうすんだ と一喝された俺はA達の言いなりになるしか無かった。

茫然として立ちすくむ俺にAは ほら早く土下座しろよ と言われ土下座させられる。
そのまま動くなよ 今からいいもん見せてやるよ と言い妻を自分の横に座らせる。
そして妻の肩に手を回し耳元で妻に何か話してる。
それを聞きながら妻の足が俺の方に向かって広げられてく。

そして妻が あなた ごめんなさい… と小さく言った後 あなた見て 私のマンコ A様の奴隷になった証にマンコの毛剃ったの でもあなたが悪いのよ あなたのチンポがみすぼらしくて私のマンコを満足させてくれなかったから 私毎日こうやってオナニーしてたの 見て 私のマンコにバイブが入ってるとこ あなたのチンポより気持ちいいわよ それで欲求不満になってた私は自分からA様のチンポおねだりしちゃったの
A様のチンポは立派なのよ 私のマンコを何度も満足させてくれるのよ と卑劣な言葉で俺を非難した事を言ってくる。全部Aに言わされてるのだろうけど。

もう見るに耐えない聞くに耐えない状況だ。



  
素人無修正動画

ブログパーツ

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beekeeping.blog.fc2.com/tb.php/8001-d65bb91e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。